Apple Mighty Mouse

久しぶりに衝動買い(予約)をしてしまいました。今回はマウス自体の形状よりも色々と付加された新しい機能に興味をそそられたのですが、その「革新的なテクノロジ」を駆使した機能が本当に凄いのかそうでないのか判断するには、実際に使ってみるしかない!ということで即買いした次第です。そんなこんななんですが、センサやら何やらで高機能になるのは良いのですが、耐久性とかがちょっと心配な感じですね。あと、ボタンがどこにあるのか分からないような形状なのに2ボタンというのは素人向きではないというか、全然「直感的」じゃないような気がします。

とかなんとか書いているうちに実物が届きました〜。

<写真は削除されました>

で、早速使ってみましたが、試しに使った感じでは真ん中のスクロールボールが無ければアップル純正の光学式ワンボタンマウス(Pro Mouse)とほとんど変わらない感じで、純正マウスからは違和感なく移行できるのではないかと思います。また、左右クリックの使用感は何とも不思議な感じで、右クリックでも左クリックでもクリック感は同じなのにちゃんと使い分けられるという感じで良いのか悪いのか...それから問題のスクロールボールは軽いタッチで動くのは良いのですが、力みすぎるとスクロールボールをプレスした状態になってしまうので、僕はこの部分にボタンの機能を持たせるのを止めました。あとは両サイドのボタンですが、これが意外とカタイというか今までにない動きを指先に求められるので、使いこなすにはある程度慣れが必要になるかも知れませんね。