RE-Clock v1.1を公開します。

RE-Clock 1.1を公開します。今回のバージョンは前エントリーに書いた通り不具合の修正がメインです。ただ、これだけではあまりにもつまらないので幾つかの機能を追加してみました。

まずは、本体のバリエーションですが、明るいカラーリングのものと木工風のものを追加して計3種類のデザインから選択できるようにしました。また、ローターの回転モードを選べるようにしました。秒針モードはローターが秒針の役割を果たすスロー回転モードです。定回転モードは前バージョンにあった指定速度で回転し続けるモードですが、今回のバージョンでは若干回転数の幅を増やしています。可変モードは0秒を起点に停止状態から徐々に回転が増していき、30秒を過ぎると徐々に回転が落ちてくるモードです。

それから左側のミニダイアルですが、従来はストップウォッチ専用のものでしたが、ストップウォッチを使用しないと動きもなく寂しいので、ユーティリティダイアルとして利用できるようにしました。このオプションを選択するとミニダイアルが上からCPU使用量・メモリ使用量・回転数を表示するようになります。この時、ローターの回転モードが定回転モードであれば右側のボタン(通常ストップウォッチ用)で速度を変更することも可能です。機能を無しに設定するとミニダイアルとボタンが表示されなくなる機能は従来通りですが、Windows上でもキチンと適用できるようになっているはずです...

今回は色々いじったのですが、サイズを100%にした時や低回転の時に動きがぎこちなくなってしまう部分に関しては、どうにもこうにも改善することが出来ませんでした。これはすぐには解決できそうもありませんが、今後の課題としてじっくりと取り組んでいこうと思っています。

ダウンロードはこちらから

今回のアップロード後、別のWinマシンで本ウィジェットを試してみたところ、肝心の不具合が解消していないことが発覚しました。ガーン、作成時の検証用に使用したPCでは全く問題なかったのに...

取り急ぎ改善するだろうと思われる対策を施したものを再度アップロードしましたので、5/15夜から5/16朝にかけてダウンロードされた方は、お手数ですが再度ダウンロードしていただきますようお願いいたします。直っていなかったらごめんなさい。