DigiClock v1.9の描画不具合について


いつからこうなのか分かりませんが、DigiClockで時計サイズを「大」以外に設定すると余計な線が描画されてしまいます。この線は数字を表示するためのパーツとパーツの間から文字用背景色が見えているのですが、本来はパーツとパーツの間は「0」なので見えることは無いのですが、サイズを変更すると拡大率の都合で隙間が発生しているようです。

以前にもこの不具合が発生しており、調整して公開していた訳ですが、本体側のバージョンアップ等で画像の描画仕様が変わったのかも知れません。そんな訳で、以前のように再調整をしようと試みたのですが、イマイチ良い結果が得られなかったので、これを機にウィジェットの仕様を見直し再構築してみようかと考えています。

DigiClock v1.9の描画不具合について


いつからこうなのか分かりませんが、DigiClockで時計サイズを「大」以外に設定すると余計な線が描画されてしまいます。この線は数字を表示するためのパーツとパーツの間から文字用背景色が見えているのですが、本来はパーツとパーツの間は「0」なので見えることは無いのですが、サイズを変更すると拡大率の都合で隙間が発生しているようです。

以前にもこの不具合が発生しており、調整して公開していた訳ですが、本体側のバージョンアップ等で画像の描画仕様が変わったのかも知れません。そんな訳で、以前のように再調整をしようと試みたのですが、イマイチ良い結果が得られなかったので、これを機にウィジェットの仕様を見直し再構築してみようかと考えています。