MH Beats IE by dr.dre

少し前からデザイン的に気になっていたイヤホンを入手しました。
オーディオケーブルで有名なモンスターケーブル社から発売されている、きしめんのような平べったいコードを採用したダイナミック型イヤフォン「MH Beats IE by dr.dre」です。HIP HOPアーティストであり、プロデューサーのDr.Dreがプロデュースしたとのことですが、HIP HOPのことはよく知らないので無視するとしてw、何よりもデザインがとても気に入りました。

BOSEのイヤホンが耳の入り口部分にチョコンと置く割と開放的なタイプなのに対して、こちらは耳の奥までしっかり入れるカナル型と呼ばれるイヤホンで、装着感した時に多少の圧迫感があり、BOSEのイヤホンに慣れていたせいか少し違和感がありますが、遮音性が高そうなので電車の中でも快適に聴けそうな感じです。

売場で実際に試聴してみましたが、低音があまり出てないという印象を受けました。しかしながら、事前にネットの製品レビュー等でイヤーチップ次第で音が大きく変わるという評判を見ていたので、その辺のことは良しとしました。それにしてもイヤホンの試聴って直接耳の中に入れるので衛生面が気になるというか何というか…とにかくじっくり聴く気になれませんでした。

そんなこんなで、開封後ノートPCにつないでiTunesで音楽を再生してみました。案の定低音が全く出てないようなので付属のイヤーチップをあれこれ付け替えてみましたが、どれも僕の耳にはイマイチ合わない感じでしたので、レビュー等で評判の良いコンプライのイヤーチップT-500を注文してみました。これを使うことで恐れているのは、遮音性が高い故に周りの音が聞こえなくなってしまうこと。危なくてチャリに乗りながら聴けそうもありません。


朝、とりあえず一番耳に合いそうなイヤーチップを付けてCOWON I9につないでイザ出勤。赤いきしめんコードは評判の通り絡まりにくい感じで好感触。装着感も悪くないです。で、I9とのマッチングも悪くない感じで、PCよりも全然音がイイのはすぐ分かりました。ただ、BOSE IEイヤホンをつないでいた設定のままだとやはり低音が出ていないようなので、低音重視の設定に変えてみましたらかなり良くなりました。あとはコンプライでどれだけ変わるかが楽しみです。それにしても低音についてはBOSEの凄さを再確認した次第です。

電車を降りて駅の階段を上っている時に気が付いたのですが、きしめんコードが重いからなのか、ケーブルが激しく揺れるとその音が伝わってきて結構気になります。なので、ケーブルが無駄に動かないような配慮が必要かも知れません。

そうそう、そういえばパッケージは無駄に豪華な作りでしたw 箱にマグネットまで仕込んであるし、そこに金をかけるならイヤーチップをもっと凝ってほしかった。ちなみに画像の丸いケースは付属品でして、これはこれで便利で、BOSEのイヤホンを控えで入れてますw

ということで、まずはエージングしなくては。
それと、次はポータブルアンプねwww