タッチペンがやってきた! Part.1

ネット懸賞でスマホ・タブレット対応のタッチペンの製品モニターに当選しました\(^o^)/

3パッケージいきなり3本も届きましたよ〜

通常、懸賞などの当選品は忘れた頃に届くことが多いのですが、今回は製品モニターということで、当選の連絡から2日くらいで届いてしまいました。のんきに構えていたのでちょっと焦っています^_^;

ということで、早速モニターレビューをしないといけない訳ですが、3種類のタッチペンを一気に試用する元気が出ないので、一つずつ使ってみてそれぞれ感想を書いていきたいと思います。

なお、モニターの公開場所として、このブログとレビューサイトであるところの「ZIGSOW」とで両方指定してしまったので、こちらは軽いジャブ的な扱いにして、本編をZIGSOWの方で展開します。

なお、ZIGSOW自体は会員制であり閲覧制限が掛かっている場合もありますが、ここでリンクしているものは誰にでも閲覧できる一般公開用のアドレスなので、一通り見れるようになっています。


モニター製品として届いたモノはプリンストン製のタッチペンで、ペン先の太い一般的なタイプと極細のタイプ、さらに何やらディスク状のものが付いたタイプの3種類となります。

全て静電式のタッチパネル用のタッチペンということなので、我が愛機であるiPod touch 5th(いまだにスマホは持っていない…)で試してみたいと思います。

3本比較割と地味めな色のものが届きました^_^;

まず、第一弾として先端が太いタイプ(上の写真の一番左)の「PSA-TPGWH(ホワイト)」を使ってみたいと思います。

PSA-TPGシリーズ(プリンストンのHP)

パッケージには大きく「ゲーム用」と謳われていて、スライド系のゲーム(ディズニー ツムツム等)に向いているということなのだそうです。

太パッケージ

パッと見は100円ショップにもありそうな感じのいわゆる普通のタッチペンで、その昔、作りも使い心地もイマイチなシリコン製の100均モノに手を出した時に受けた悪い印象が強かったため、以降このタイプのタッチペンは敬遠していましたが、果たしてこれはどんな感じでしょうか?

ペン先をよく見てみると、黒いシリコンゴムではなく、柔軟性のある金属繊維でできています。たったこれだけの事でかなりハイクオリティになった気がしますw

太先端

さっそく使ってみたら、これがなかなか滑らかな使い心地で良い感じです。軽いタッチで素早いスワイプにも対応するので、スライドゲーム好きにはたまらないタッチペンです。

太ツムツム実はスライド系ゲームは苦手です^_^;

他のゲームや一般的なアプリでも指先でできることは大抵できますけど、指先で苦手なものはやはり苦手のようですw  ただ、従来のシリコン製のものよりは間違いなく使いやすくなっていると思います。

詳細のレビューはZIGSOWてにて展開しています。
よろしければご覧くださいませませ → PSA-TPGWHのレビュー