DigiClock2 1.0.2(2009.04.30更新)

グラデーションカラーや輪郭線を表現できるデジタル時計ウィジェットです。効果として通常の影の他に鏡面反射的な効果をつける事ができます。また、アラーム機能にブルブル震えるバイブレーション(無音)効果を加えています。

・時計サイズ変更(20〜100%)
・長体モード(縦長文字)
・24時間表示
・先頭の「0」を表示する。(03時など)
・日付の表示・色設定(任意色)
・影の有無(ドロップシャドウ・鏡面反射など)
・文字色設定(単色、2・3・5・7色グラデーションなど)
・輪郭線の設定(太さ3段階)、色設定(任意色)
・タイムゾーン設定、表示、色設定(任意色)
・アラーム機能(時報、時間指定、テストモード)
・アラーム音設定(プリセット5種類、音量調整可)

※「秒」を表示しない設定にすることでCPUへの負荷を軽減することができます。(但し、アラーム設定がONの場合は軽減されません)また、秒を表示しない設定の場合、時計の更新間隔が60秒毎となりますので、秒の正確さは期待できません。PCの時計に対して最大で59秒遅れる場合が想定されますが、遅れる事はあっても進む事はありません。同様に、時計を表示中にPCの時計合わせをした場合、時計に反映されるまでに最大で59秒かかることがありますので、あらかじめご了承ください。秒を表示している場合は即反映します。

※当サイトでの公開は終了しています。

※このWidgetはYahoo! Widget Engine(旧Konfabulator)専用です。Mac OS X10.4から採用されているDashboardではご使用になれません。Dashboard用のWidgetとは全く互換性がありませんので、予めご了承ください。

使用上の注意

ver 1.0.2
・OSの言語設定を変更した場合などに環境設定ファイルの読み込みに失敗してしまう不具合を修正しました。

ver 1.0.1
・「0時」表記から「12時」表記に変更しました。

【2009.03.05記事】

相変わらず時計ウィジェットを作っていました。

今回は珍しくデジタル時計を作ってみました。DigiClock2という名称になっておりが、初代DigiClockの進化系という訳ではありません。単に良い名前が浮かばなかっただけです。

デザイン上の特徴としまして は、ボディやLCDを持たない文字だけの構成になっておりまして、文字は太めの書体を使用しています。描画の手法としましては前作のReflection Clockに引き続きCANVASタグを使用しておりますので、ビットマップ系の描画とは違ったカスタマイズが可能になっています。例えばグラデーション 処理もCANVASタグを使えば簡単に描画できますし、途中に別の色を挿入して多色グラデーションも可能ですので、多彩な表現が可能です。現在のところ Widget上で指定できるのは「2色グラデーション」「3色グラデーション」「5色グラデーション」「7色グラデーション」そして「単色」となっていま す。

さらにドロー描画においては グラデーションといった「塗り」に対して「線」の描画が可能となりますので、この機能を利用して輪郭線を描画する事で、より特徴的かつ見やすいカラーにカ スタマイズできます。また、Reflection Clockで初めて採用した鏡面反射機能も付加しておりますが、従来のようなドロップシャドウに変更することも可能です。

機能面では、時計サイズの変 更、日付表示やタイムゾーンの変更・表示、24時間表示などに加え、アラーム機能も従来通り付属しておりますが、今回初の試みとしてバイブレーション機能 を追加しています。アラーム音との連動は出来ませんが、時間になると画面上でブルブルなります。ブルブル時間も選択可能になっていますが、あまり長くする と鬱陶しいのでお勧めできません。このブルブルはマシンの環境に依存しますので、負荷が高い時は当然動きがぎこちなくなります。また、マシン環境に依存す るものを作ってしまった…


ということで、勢いで作ってしまった上に遠回り的な内容のスクリプト満載(絵を描くのは好きだけどプログラムを組むのは苦手な私です…)なので色々と不具合があるかも知れませんが、よろしければお試しください。