DP2sその後

忙し過ぎて全然いじることができないDP2sですが、注文していたハーフケース(韓国シグマ代理店がアクセサリーとして扱っているもので、同じ韓国のカメラ用品メーカーであるLuxecaseに発注して作らせたと思われる)が韓国から届きましたので早速装着してみました。

むむ、底部はピッタリサイズなんですけど、上のほうに行くに従ってRが緩くなるというか遊びが大きくなってルーズな感じです。でもまぁ、革(人工皮革?)が割と厚いので、これはこんなものかも知れないなw
それから、画像では分かりませんが前面左下に大きく「DP2」という刻印が入っているのですが、純正っぽい感じではありますが、これは無くても良かったかな。。。

あとレンズフードも柔らかいラバーのものに変更してみました。ちょっと精悍さに欠けますが、保護用にもなるかと思ってこれを装着しています。ただ、すぐ飽きそう…
ちなみにフードアダプターの先端径を46mmから52mmに変更するリングも装着していますので、以前から所有しているフィルター類がそのまま使えて助かっています。


そんなこんなで、何か撮ってみようと思ってちょこっといじったらバッテリーがぁ…まだ数枚しか撮ってないのにぃ…ということで充電。バッテリーを取り出すのに、さきほど装着したカメラケースを取り外さなくてはならないのがちょっと面倒ではありますが、これは仕方がないと諦めましたが、充電完了するまで外したままなのも何なので、ここはやはりスペアのバッテリーを用意しておかねば…

で、とりあえず目の前にあるミニサボテンをクローズアップレンズを装着して撮影してみました。初めはAFで撮ってみたのですが、どこにピントが合っているのか全然分からないのでMFにて撮影。マクロなので結局自分が動いてピント合わせとなりました。しかしながら正直マクロは三脚がないとダメですね。ブレブレですorz(液晶画面で拡大表示するとプルプル震えているのがよく分かります)

そう言えば、カメラケースにゴールドのソフトレリーズボタンとメントスwが同梱されていました。何故メントス?というのは置いといて、ソフトレリーズボタンの方は折角なので装着(両面テープ貼り)してみました。シャッターボタンが小さい場合には良いかも知れませんけど、元々のシャッターボタンと同じ径で突起が増えるだけなので、僕には無くても良いアイテムですが外すのも面倒なのでそのまま使うことにしました。