久しぶりにWordPressをいじったら…

WordPressのダッシュボード(管理画面)を久しぶりにいじっていますが、いつの間にかv3.5.1になっていましたので、何も考えずにアップデートしたら、投稿画面のエディターがテキスト(HTML?)しか表示されなくなっていて、ビジュアルモードがなくなっていました。

さらによく見るとタグを入力するボタンが無い!
いつの間にかこんなプロフェッショナルな仕様になってしまったのか?

そんな訳で、すべてHTMLで、しかもタグもすべて書かなきゃいけないのかと思いつつ、久しぶりのHTMLに戸惑いながらリンクを張ったりしていました。

さすがに途中で面倒になって、もしかしたら何か設定があるのかもと思い直して、ダッシュボード左側のメニューを一つひとつ確認していたら、やはりありました。

「ユーザー」メニューの中の「あなたのプロフィール」に「ビジュアルリッチエディターを使用しない」という項目があり、そこにチェックマークが付いていました。これでようやくビジュアルエディターが使えるようになりました。それにしても、これは「ユーザー」ではなくて「設定」メニューの「投稿設定」にあった方が分かりやすい気がします。。。

早速ビジュアルリッチエディターを選択して編集画面をいじっていると、リンク設定等がうまく動作していないことに気が付きました。リンクを設定するとなぜか投稿一覧画面に飛ばされてしまうのです。試しにブラウザを変えても同じ結果となったので、どうやらWP側で何かが起きているようです。

こういう時は大抵何かとコンフリクトしていることが多いので、まずはテーマを純正に戻してみましたが効果なし。それじゃ、後から追加したプラグインはどうだろうと思い、上から順にオフにしてみました。するとリストの一番上にあった「AddQuicktag」がビンゴ!いきなり引っかかりました。このプラグインをオフにすることで、エディタがきちんと動作するようになりました。わーい。。。

それにしてもAddQuicktagがぶつかっていたとは…
っていうかAddQuicktagって何をするプラグインだっけ?www

あぁ、HTMLのカスタムタグとかを登録してボタンひとつで入力できる便利なやつでしたね。それでタグ関係のボタンが表示されなかったのか…

何にしても、下調べ無しで気軽にアップデートすると、こういう目に遭うことがあるということですね。って分かっているけど止められないw